特区民泊認定申請・報酬

 報酬法定費用
事前調査30,000
特区民泊認定申請170,00021,200
周辺説明代行
30,000~50,000
事業者名義変更170,00021200
変更認定申請50,000~70,0002,500~10,500
変更届20,000~50,000
廃止届20,000

事前調査からそのまま特区民泊認定申請のご依頼となった場合は、事前調査費を特区民泊認定申請の報酬へ充当いたします。

ご依頼の流れ

※状況に応じて順序の変更や、また省略・追加となる手続きもございます。

  • STEP1
    ご相談
    まずはお問い合わせ・ご相談下さい。
  • STEP2
    ご依頼
    ご相談にて正式にご依頼になれば、契約書・委任状への署名押印、事前調査費の入金をお願いします。
  • STEP3
    事前調査
    物件及び周辺の調査を行い、認定申請可能かどうか確認いたします。
  • STEP4
    正式依頼
    報酬残金をお支払いいただきます。
  • STEP5
    必要な書類の収集
    お客さまにて必要となる書類の収集を行っていただきます。申請には消防法令適合通知書が必須となりますので、必要に応じて消防工事も行っていただきます。
  • STEP6
    図面・書類作成
    必要書類の収集と同時進行で、当事務所にて現地施設の測量・図面作成、また特区民泊認定申請必要書類の作成を行います。
  • STEP7
    周辺住民への説明
    住民説明会を開催し、宿泊施設近辺に在住の住民の方へ必要事項を説明します。会場を用意する場合等の実費が必要になった場合は、お客様にご負担いただくことになります。
  • STEP8
    消防法令適合通知書の取得
    消防工事が終了すれば管轄の消防署へ適合通知交付申請を行います。申請後に消防署の検査を受け、特区民泊認定申請に必要な消防法令適合通知書を取得します。
  • STEP9
    認定申請
    必要書類が揃えば管轄の保健所へ特区民泊認定申請手続きを行います。
  • STEP10
    許可取得
    保健所への認定申請手続き後、保健所からの検査があります。問題なければ、検査後14営業日ほど(土日祝日を除きますのでおよそ3週間ほど)で認定書が取得できます。